'#米テスラ'タグの記事
2017/12/12 07:30
注目 シリコンバレー・海外発
WIRED.jp
テスラ、自動運転用に独自のAIチップを開発へ─イーロン・マスクが語った構想の思惑
テスラが自動運転技術を進化させるために人工知能(AI)のチップを独自開発していることを、イーロン・マスクが明らかにした。新チップによってクルマの自動運転技術は、人間の運転より10倍は安全になるのだという。…
2017/12/08
シリコンバレー・海外発
日経ビジネスオンライン
テスラのトレーラー、充電に4000戸分の電力必要 EVの増加に伴い充電インフラに求められる新たな発想
テスラが発表したEVの大型トレーラーを30分で充電するには住宅4000戸が30分に使う電力が必要になるという。その充電設備の開発も難しそうだが、EV普及は充電インフラをどう整備するのかという問題も社会に突きつけている。…
2017/11/29 18:00
注目 シリコンバレー・海外発
WIRED.jp
テスラが生み出す革新の源泉は、工場の「秘密の2階」にあった─元幹部が明かす「ものづくり」への執念
自動車産業における革新を次々に起こしているテスラ。その進化のスピードと斬新なアイデアを実現するエネルギーの源泉は、工場の「秘密の2階」にあった。テスラの生産部門担当ヴァイスプレジデントだったグレッグ・ライコウが、テスラ流ものづくりの秘密と内…
2017/11/28 07:47
シリコンバレー・海外発
CNET Japan
Lyft、カリフォルニア州で自動運転車の試験許可を取得
Lyftがカリフォルニア州公道での自動運転車試験に向けて、大きく一歩前進した。…
2017/11/27 10:55
シリコンバレー・海外発
CNET Japan
テスラ、世界最大のリチウムイオン蓄電施設を完成―「100日以内」の賭けに勝利
テスラのイーロン・マスクCEOは、南オーストラリア州に世界最大となる容量100MWの蓄電池施設をこのほど完成させた。…
2017/11/26
技術・サービス最前線
ダイヤモンド・オンライン
EVを軽視する日本の自動車産業は「ゆでガエル死」する
このところ自動車業界が騒がしい。タカタ、神戸製鋼、三菱自動車、日産、スバルのスキャンダルを見るに、自動車業界の劣化が止まらない、と言われても反論できない状態だ。自動車業界を中心とする製造業は、日本の産業の根幹を支える。この状況に暗澹たる気持ちになる。…
2017/11/20
シリコンバレー・海外発
ダイヤモンド・オンライン
テスラのパトカー利用が米国で話題、ガソリン価格上昇で治安悪化が理由?
いま米国で、テスラのパトカー利用が注目を集めている。その理由は「風が吹けば桶屋がもうかる」になぞらえていえば、「米国でガソリン価格が上がると、治安が悪化する」からだ。でも、どうしてガソリンと治安なの?…
2017/11/19 13:00
注目 シリコンバレー・海外発
WIRED.jp
テスラの電動トラックが普及すれば、「運転手の仕事」は本当になくなるのか?
テスラが発表した電気自動車(EV)のセミトレーラーは、運送業界を激変させる可能性が高い。仕事の内容はどう変わるのか、運転手は必要なくなってしまうのか──。自動運転が、運送業界と「運転手という仕事」にもたらす影響について考察する。…
2017/11/20 11:30
シリコンバレー・海外発
CNET Japan
テスラの電気トラック「Tesla Semi」、早々に予約を受注
テスラが電気トラック「Tesla Semi」を発表してからまだ数日だが、すでに運送会社やスーパーマーケットチェーンからの予約注文を受けたことが明らかになった。…
2017/11/17 17:00
注目 シリコンバレー・海外発
WIRED.jp
テスラ、新型「ロードスター」を発表―イーロン・マスクが考える「次世代スポーツカー」の姿が明らかに
テスラが電気自動車(EV)のスポーツカー「ロードスター」の新型を発表した。イーロン・マスクによると「ものすごい」スペックで、なんと平均的なF1カーよりも速いのだという。それでいて実用性も兼ね備えたというスーパースポーツEVの姿に迫った。…
2017/11/19 12:00
シリコンバレー・海外発
WIRED.jp
テスラが発表した電動トラックは、イーロン・マスクにとって「大きな賭け」になる
テスラがトレーラーを牽引するための電動トラックを発表した。お得意の自動運転技術や安全装備、そして例によって巨大なスクリーンを運転席に備えた「テスラ セミ」は、その強大なパワーで運送業界を変えられるのか。その全貌に迫った。…
2017/11/04 16:00
注目 技術・サービス最前線
WIRED.jp
テスラ「モデル3」の生産遅延にも、イーロン・マスクはどこ吹く風―顧客や株主の忍耐力はどこまで続くか
テスラの新型電気自動車「モデル3」の生産遅延が明らかになった。顧客や株主、そして従業員たちの忍耐力は、どこまで続くのか。テスラを巡る現状と、いったいいつになればモデル3が納車されるのかについて改めて考察する。…