'#ソニー'タグの記事
2017/12/26
IT経営
日経ビジネスオンライン
VAIOはなぜ、BtoBでも愛されるのか 商品とサービスで「心地よさ」を追求
VAIOは2014年7月、ソニーのパソコン事業部門から独立し、法人向けビジネスに特化する形で再スタートした。今やビジネス用途が7~8割を占めるが、熱心な「VAIOファン」との良好な関係が事業を後押しする構図は変わらない。…
2017/12/19
注目 技術・サービス最前線
ITpro
Apple Watchやwena wristで増す魅力、スマートウォッチは消費者の心をつかめるか
アップルの「Apple Watch Series 3」やソニーの「wena wrist」の新モデルなど、2017年も魅力的な新商品が登場したスマートウォッチ。だがその盛り上がりは、ポスト・スマートフォンの旗手として注目された以前と比べると、大きいとは言えない。かつての勢いを取り戻すため、いま求められているのは何だろうか。…
2017/12/12 16:00
技術・サービス最前線
WIRED.jp
HIP-HOP好きはクルマで旅に出る:ミレニアル世代の“東と西”を可視化した、解析ツール「CALC」の実力
「ビッグデータの価値」が喧伝されて久しいが、「相関関係」を一辺倒に拾い上げる従来のデータ解析では、その結果の解読にこれまた専門知識が求められた。しかしCALCの登場によって、データの「因果関係」が紡がれ始めたという。その意味を窺い知るべく、…
2017/12/07 13:54
技術・サービス最前線
AV Watch
ソニー、スマートウォッチ「wena wrist pro」。バンドに有機EL、小型化。GPS内蔵activeも
ソニーは、腕時計のバンド部分にスマートウォッチの機能を内蔵した「wena wrist」の新機種として、新たに有機ELディスプレイをバンド側に備えた「wena wrist pro」と「wena wrist active」を12月21日より順次発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格はproのシルバーが35,000円前後、プレミアムブラックが37,000円前後。activeはブラックのみで、30,000円前後。シリーズ初となる機械式とソーラー式のヘッドも別売で用意する。機械式は54,000円前後~、ソーラー式は33,000円前後~。…
2017/11/28
技術・サービス最前線
日経ビジネスオンライン
ソニーのスマートスピーカーは、ココがすごい! 音よし、使い勝手よし
ソニーのスマートスピーカー「LF-S50G」は、ソニーならではの音へのこだわり、防滴機能、手で触れなくても操作できるジェスチャー機能などが特徴だ。先行するGoogle Homeとの比較を軸に、その魅力を探ってみた。…
2017/11/16 16:32
技術・サービス最前線
AV Watch
nasneの最大録画番組件数が、3,000件へと3倍に拡張
ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は16日、ネットワークレコーダ「nasne」のシステムソフトウェアをバージョン2.60にアップデート。これまで1,000件だった最大録画件数が、3,000件へと拡張された。…
2017/11/13
IT活用の現場
日経ビジネスオンライン
小学校で必修に、プログラミング教育沸騰中 新規参入続々、外部の教室は「すでに1500校」の声も
2020年度に小学校で必修となるプログラミング教育に多くの企業が商機を見いだす。夏休みシーズンをにらんで、講座を相次ぎ開設。教室では子供たちの歓声が上がる。産業競争力を左右するIT人材を輩出できるか。ブームで終わらせない工夫も必要だ。…
2017/11/07 13:00
技術・サービス最前線
ASCII.jp
首掛け型の超カッコいい集音機がソニーから登場
ソニーが難聴者向け集音機を発表。同社のネックストラップ型イヤフォンのような、これまでにないカッコいいデザインが特徴だ…
2017/11/06
注目 技術・サービス最前線
ダイヤモンド・オンライン
資金力のあるソニーや東芝がクラウドファンディングを使う理由
一度は大きく離れてしまった企業と消費者の距離が今、テクノロジーの進展によって一気に縮まっている。その現象は、破壊的イノベーションが生まれにくいと言われて久しい日本の産業界に、大きな風穴を空ける可能性を秘めている。…
2017/11/01 20:27
注目 技術・サービス最前線
Car Watch
【東京モーターショー2017】体験しておきたい“魅惑のVR”2選。デンソーとテーマ展示はお勧め
2017年の東京モーターショーの主役は「電気自動車だ」「自動運転だ」といった見解は確かにそのとおりだとは思うが、2年前の開催から明らかに異なった様相となっているのはVR関連の展示が増大していることだ。さまざまな企業ブースでVR-HMDを被らせる体験コーナーを用意しているが、待ち時間が長いわりには体験時間が短いので、なかなかたくさんは体験できないことだろう。…
2017/11/01 16:55
AI
PC Watch
ソニー、生まれ変わった新「aibo」を発表 ~2018年1月11日に発売。先行予約は11月1日23時1分から
ソニー株式会社は11月1日、新しい自律型エンタテインメントロボット「aibo」を発表した。30cm程度の子犬型デザインで、重さは2.2kg。オーナーからの呼びかけや姿、タッチに反応するだけでなく、体全体を使ったボディランゲージで積極的に人に働きかけ、クラウドとも連携して学習していくという。型番は「ERS-1000」。…
2017/11/01 11:00
注目 技術・サービス最前線
ASCII.jp
ソニー犬型ロボット「aibo」発表
ソニーが1日、犬型ロボット「aibo」を発表しました。ソニーストアでの価格は19万8000円。LTE対応のSIMを内蔵、利用には通信機能「aiboベーシックプラン」への加入が必要です。料金は3年契約、一括払いで9万円もしくは月額2980円。来年1月11日に発売・サービス提供開始、本日より予約受付開始です。…