'#イーロン・マスク'タグの記事
2017/12/12 07:30
注目 シリコンバレー・海外発
WIRED.jp
テスラ、自動運転用に独自のAIチップを開発へ─イーロン・マスクが語った構想の思惑
テスラが自動運転技術を進化させるために人工知能(AI)のチップを独自開発していることを、イーロン・マスクが明らかにした。新チップによってクルマの自動運転技術は、人間の運転より10倍は安全になるのだという。…
2017/12/08
シリコンバレー・海外発
日経ビジネスオンライン
テスラのトレーラー、充電に4000戸分の電力必要 EVの増加に伴い充電インフラに求められる新たな発想
テスラが発表したEVの大型トレーラーを30分で充電するには住宅4000戸が30分に使う電力が必要になるという。その充電設備の開発も難しそうだが、EV普及は充電インフラをどう整備するのかという問題も社会に突きつけている。…
2017/12/03 14:00
注目 シリコンバレー・海外発
WIRED.jp
真空ではない「現実的なハイパーループ」、コロラド州で導入へ─その意外な考案者とプロジェクトの全貌
イーロン・マスクが提唱した超高速輸送システム「ハイパーループ」を推進する企業の共同創業者が独立し、別の次世代交通システムの導入に動き始めた。より現実的だという新たなソリューションは、簡単に言ってしまえば「リニアモーターカー」である。すでにコ…
2017/11/27 10:55
シリコンバレー・海外発
CNET Japan
テスラ、世界最大のリチウムイオン蓄電施設を完成―「100日以内」の賭けに勝利
テスラのイーロン・マスクCEOは、南オーストラリア州に世界最大となる容量100MWの蓄電池施設をこのほど完成させた。…
2017/11/19 13:00
注目 シリコンバレー・海外発
WIRED.jp
テスラの電動トラックが普及すれば、「運転手の仕事」は本当になくなるのか?
テスラが発表した電気自動車(EV)のセミトレーラーは、運送業界を激変させる可能性が高い。仕事の内容はどう変わるのか、運転手は必要なくなってしまうのか──。自動運転が、運送業界と「運転手という仕事」にもたらす影響について考察する。…
2017/11/17 17:00
注目 シリコンバレー・海外発
WIRED.jp
テスラ、新型「ロードスター」を発表―イーロン・マスクが考える「次世代スポーツカー」の姿が明らかに
テスラが電気自動車(EV)のスポーツカー「ロードスター」の新型を発表した。イーロン・マスクによると「ものすごい」スペックで、なんと平均的なF1カーよりも速いのだという。それでいて実用性も兼ね備えたというスーパースポーツEVの姿に迫った。…
2017/11/19 12:00
シリコンバレー・海外発
WIRED.jp
テスラが発表した電動トラックは、イーロン・マスクにとって「大きな賭け」になる
テスラがトレーラーを牽引するための電動トラックを発表した。お得意の自動運転技術や安全装備、そして例によって巨大なスクリーンを運転席に備えた「テスラ セミ」は、その強大なパワーで運送業界を変えられるのか。その全貌に迫った。…
2017/11/16 18:00
AI
WIRED.jp
その相撲ゲームの人工知能は、「10億回もの対戦」を通じて自らルールを学習する
イーロン・マスクも創設に関わった非営利団体OpenAIは、人工知能が相撲の試合を10億回近く繰り返すことで自力で動きを進化していくコンピューターゲーム「RoboSumo」を製作した。ゲームのルールを知らない人工知能が独力で相撲をマスターする…
2017/11/14
技術・サービス最前線
マイナビニュース
NASA、新型ロケット「SLS」の初飛行を延期ー開発に遅れ、2019年12月以降に
米国航空宇宙局(NASA)は2017年11月8日(現地時間)、開発中の超大型ロケット「スペース・ローンチ・システム」(SLS)の、初飛行の時期について、2019年12月へ延期すると明らかにした。この初打ち上げは、無人の「オライオン」宇宙船を月まで飛ばす計画で、これまでは2018年11月の打ち上げを目指すとされていた。さらに、今後の開発状況によっては、2020年6月まで遅れる可能性もあるという。…
2017/11/04 16:00
注目 技術・サービス最前線
WIRED.jp
テスラ「モデル3」の生産遅延にも、イーロン・マスクはどこ吹く風―顧客や株主の忍耐力はどこまで続くか
テスラの新型電気自動車「モデル3」の生産遅延が明らかになった。顧客や株主、そして従業員たちの忍耐力は、どこまで続くのか。テスラを巡る現状と、いったいいつになればモデル3が納車されるのかについて改めて考察する。…
2017/10/31
注目 シリコンバレー・海外発
日経ビジネスオンライン
イーロン登壇で大熱狂、「ええもん見たなあ!」 世界最大の宇宙会議IAC探訪記
壇上に登場したイーロン・マスク氏の印象は、「静か」だった。ボディランゲージも大げさではないし、言葉もぼそっとしている。まずは自然とマスク氏の佇まいや話し方に注目し、傾聴した。そして、すぐに引き込まれた。…
2017/10/18 09:00
注目 シリコンバレー・海外発
WIRED.jp
ハイパーループの建設に向けて、インドも動き出した
超高速輸送システム「ハイパーループ」が、インドにも建設されることが決まった。約44kmの区間を6分で結ぶ新たな交通機関は、アジアの広大な土地でも受け入れられるのか。…