'#日産自動車'タグの記事
2017/12/25 18:30
シリコンバレー・海外発
WIRED.jp
「自動車の未来」を指し示す9つのキーワードを、ロサンゼルスオートショーに見た
12月上旬に開催されたロサンゼルスオートショーには、未来の自動車のあり方を明確に指し示しているさまざまなクルマが出展されていた。そのなかから印象的だった「9つのキーワード」を紹介する。…
2017/12/11 13:00
技術・サービス最前線
日経テクノロジーオンライン
日産とDeNAの自動運転、「Easy Ride」を一般向けに
日産自動車とDeNAは2017年12月5日、両社が共同開発中の自動運転サービスの名称を「Easy Ride(イージーライド)」に決定したと発表した。専用のアプリケーション(アプリ)を操作して、目的地の設定や配車、利用料金の支払いまでを終えられるのが特徴だ。2018年3月5~18日の期間に一般利用者が参加可能な実証実験を横浜で始める。…
2017/11/13
注目 技術・サービス最前線
ダイヤモンド・オンライン
自動運転には高精度地図が不可欠という常識は覆るかもしれない
この数年、自動運転の実現には、HDマップが必要十分条件だという考え方が主流だった。だが最近、開発技術者の間では、自車のカメラで撮った映像をクラウドに上げて、走行する数多くのクルマからのデータを融合することで地図を作る方法が注目を集めているのだ。…
2017/11/02
注目 技術・サービス最前線
ダイヤモンド・オンライン
トヨタも見捨てた!?東京モーターショー「地盤沈下」の深刻実態
東京モーターショーの“地盤沈下”が続いている。入場者数や出展社数は下落傾向にあり、海外有名メーカーの不参加も目立ち、完全に世界5大ショーの地位を中国に奪われてしまっている。…
2017/10/25 07:00
注目 技術・サービス最前線
WIRED.jp
数十年でクルマをすべて電気自動車に─「ガソリン車廃止」を目指す世界各国の思惑
英国、ノルウェー、フランス、オランダ、インド、中国などの国々や自治体が。今後数十年以内にガソリン車への依存を止めるという目標を発表した。カリフォルニア州も同様の方向を目指している。大きな目標に向けた取り組みと思惑とは。…
2017/10/25
注目 シリコンバレー・海外発
日経ビジネスオンライン
トヨタがテスラから規制対応で排出枠を爆買い カリフォルニアの規制で環境対応の優勝劣敗が明らかに
トヨタ自動車が米カリフォルニア州の環境規制への対応で、温暖化ガスの排出枠(クレジット)を大量に米テスラモーターズから購入したことが明らかになった。今後は規制が強まり、さらに経営の負担になる恐れがある。…
2017/10/02
技術・サービス最前線
DIGIDAY[日本版]
広告主はまだ、コンサル企業が正解との確信を得ていない
大手ブランドたちが広告に関して、エージェンシーではなくコンサルティング企業を使いはじめているというニュースが話題となっている。しかし、シニアマーケターたちの実際の計画を聞くと、それはまだ現実にはなっていないようだ。少なくともいまのところは。…
2017/09/27
注目 技術・サービス最前線
ダイヤモンド・オンライン
トヨタだけがフランクフルトでEVコンセプトカーを出展しなかった理由
9月に開幕したフランクフルトモーターショーは、さながら“EV祭りの様相を呈する中、トヨタ自動車だけがEVコンセプトカーの出展がなく、悪目立ちする格好となった。…
2017/09/25 05:00
技術・サービス最前線
日経テクノロジーオンライン
「エンジン車廃絶なんて起きるはずがない」と高をくくる愚かさ
今回のテクノ大喜利では、エンジン車廃止の潮流から電気・電子業界に生まれる商機について議論した。最初の回答者は、自動車産業の企業を対象にしたコンサルティング経験を持つ微細加工研究所の湯之上 隆氏である。半導体業界に長く身を置く同氏は、永遠に続くと思われた産業が瓦解していく様子を肌で経験してきた。今や日本のものづくりの中心にある自動車産業が今置かれている状況に、最大級の警鐘を鳴らした。…
2017/09/22
注目 技術・サービス最前線
ダイヤモンド・オンライン
日産と三菱が「EV祭り」フランクフルトショー欠席の理由
9月中旬に開催されたフランクフルトのモーターショーでは、EVのコンセプトカーの出展が目立ち、“EV祭り”の様相を呈していた。ただし、そこには“EVの先駆者”である日産自動車や三菱自動車工業の姿はない。…
2017/09/14
注目 IT経営
日経ビジネスオンライン
急加速のEVシフトに潜む5つの課題 日欧米韓中の鍔迫り合いとビジネスリスク
日米欧韓中の自動車各社がEVシフトを鮮明に打ち出している。EV化が急速に進む中、業界が抱える課題も徐々に明らかになってきたといえる。今回はEVシフトに潜む課題を、5つの観点からまとめる。…
2017/09/07
注目 IT経営
日経ビジネスオンライン
日産・西川CEO、「EVの航続距離競争は終わる」 新型「リーフ」に2つの自信
日産自動車は9月6日、7年越しでフルモデルチェンジをしたEV(電気自動車)「リーフ」を発表した(国内での発売は10月2日)。1回の充電で走れる航続距離は400kmと初代の当初の2倍。だが、米テスラなど競合と比べると見劣りする。それでも西川CEOは、「初代の2倍は売れるだろう」と自信を見せる。その理由とは?…