注目記事
2017/10/20 06:00
IT活用の現場
CNET Japan
プログラミングを色鉛筆のような“表現ツール”に―DeNA、小学校に学習アプリを無償提供
DeNAは10月19日、小学校低学年向けのプログラミング学習アプリ「プログラミングゼミ」を無料で公開した。これにあわせて、同アプリが「渋谷モデル」に採用され、渋谷区立小学校の教師や生徒に配布するタブレット約7000台に導入されることも発表した。…
2017/10/19
フィンテック
ダイヤモンド・オンライン
ビットコインに11月再分裂の危機、前回より事態は深刻
新規格の導入をきっかけに分裂したビットコインが、11月に再分裂する可能性が高まっている。しかも今回の分裂では、情報がコピーされて、送金したつもりはないのに、もう片方のコインも送金されるといった「リプレイアタック」が起きる恐れがある。…
2017/10/19 14:04
シリコンバレー・海外発
日経テクノロジーオンライン
米国でAIスピーカーとHA機器の導入が急増
米国で、ホームオートメーション(HA)機器の住宅への導入が急速に進んでいる。…
2017/10/17 11:00
技術・サービス最前線
WIRED.jp
機械学習で「雑草だけに除草剤」―米農機大手ジョンディアは、新興ロボット企業の買収で農業を進化させる
機械学習を利用して作物と雑草を区別し、雑草だけにピンポイントで除草剤を噴射するロボットを製造する新興企業ブルーリヴァーを、米大手農業機械メーカーが買収した。世界的農機メーカーが認めた驚くべき技術を、動画とともに紹介する。…
2017/10/19 05:00
技術・サービス最前線
日経テクノロジーオンライン
「AIスピーカーと差異化」 ソニー、技術内製化で実現
ソニーモバイルコミュニケーションズが2017年10月17日に発表した、コミュニケーションロボット「Xperia Hello!(G1209)」。家族のメンバーを識別し、人に合わせて能動的に発話する点が最大の特徴だ。同社の「Xperia スマートプロダクト」としては3製品目だが、これまでの2製品とは大きく異なり、センサー入力から顔識別、音声認識、意図理解、応答生成などの処理、そして音声発話やロボット動作などの出力まで、関連する主要技術をほぼ内製化した。…
2017/10/19 07:30
技術・サービス最前線
CNET Japan
「Google Home Mini」レビュー―「Google Assistant」の実力は
グーグルが発表した小型版スマートスピーカ「Google Home Mini」がまもなく発売される。レビューの後編では「Alexa」と比較した「Google Assistant」の評価をお伝えする。…
2017/10/18
技術・サービス最前線
ITpro
激化するスマートスピーカー商戦、囲い込み策は2つ
ポスト・スマートフォンの有力候補と目されるスマートスピーカーが、日本でも年末商戦で一挙に店頭に並び、注目を集めそうだ。各社は消費者だけでなく、パートナー企業の囲い込みでもしのぎを削る。…
2017/10/18 12:10
シリコンバレー・海外発
ギズモード・ジャパン
ハリウッドで活躍する27歳の日本人アーティスト・田島光二。プロが使うiPad Proの使い方とは「一番描き心地がいいのは純正のメモアプリ」
27歳、ハリウッドの最前線で活躍する日本人アーティストをご存知でしょうか?彼の名前は田島光二。現在ハリウッド映画の制作に携わる田島さんは、日本の専門学校でCGを学び、在学中に出会った3DCG制作をきっかけに現在のコンセプトアーティストのキャリアをスタート。…
2017/10/18
システム構築・運用
ITpro
メルカリ、LINE、スマートニュース…失われたネットの信頼を取り戻せるか
インターネットへの「信頼」が、数年前と比べてますます失われている。あくまで筆者の個人的な感覚だが、そんな思いを強くしている。…
2017/10/17 20:00
システム構築・運用
WIRED.jp
「安全」だったはずのWi-Fiに脆弱性─無数の対応機器を守るために、いまできること
安全だと思われていたWi-Fiの「WPA2」規格に、暗号鍵が読み取られる脆弱性が見つかった。ルーターからスマートフォン、IoT機器まで、ありとあらゆるデヴァイスがWi-Fiに対応しているいま、われわれがすべきことは。…
2017/10/18 09:00
シリコンバレー・海外発
WIRED.jp
ハイパーループの建設に向けて、インドも動き出した
超高速輸送システム「ハイパーループ」が、インドにも建設されることが決まった。約44kmの区間を6分で結ぶ新たな交通機関は、アジアの広大な土地でも受け入れられるのか。…
2017/10/18
IT活用の現場
ITpro
本業に専念したい!先進的な経費精算やネット秘書という有効手段
できるだけサッサと終わらせて、本業にかける時間を増やしたい。経費精算業務を合理化したいというニーズの高まりに合わせ、それを解決する手段が増えている。できるところから着手してみてはいかがだろう。…