'IT経営'カテゴリの記事
2017/10/17 11:37
注目
CNET Japan
シャンタヌ ナラヤンCEOが語るAdobeの「いま」と「これから」
米国Adobe Systemsの会長・社長兼CEOであるShantanu Narayen(シャンタヌ ナラヤン)氏に、マーケティング、クリエイティブ、ドキュメントという3つのクラウド製品群についてそれぞれ話を聞いた。…
2017/10/17
日経ビジネスオンライン
西川・プリファード社長「幹部の危機感は強い」
トヨタ自動車と提携し、自動運転技術を共同開発するAI(人工知能)ベンチャーのプリファード・ネットワークス。西川徹社長兼CEO(最高経営責任者)はトヨタ幹部の「変わらなければならない」という強い意識を感じるという。一方で、こんな疑問も口にした。「現場はついてきているのか」。小回りの利くベンチャーだからこそ見える巨大組織、トヨタの課題とは。…
2017/10/17
ダイヤモンド・オンライン
IBMが本気で取り組む「デザインシンキング」の現場
米IBMが、「デザインシンキング」(Design Thinking)の手法を、モノづくりや戦略立案に活用し、すでに5年が経過している。デザインシンキングは、IBMをどう変えたのか。…
2017/10/16 15:58
注目
CNET Japan
NEC、働き方改革推進の「見える化サービス」などを強化―勤務状況を可視化
日本電気(NEC)は10月16日、企業向けの“働き方改革”を推進する、社内販売体制の整備ならびに、「働き方見える化サービス」「自動応答ソリューション」の強化を発表した。…
2017/10/16
ITpro
働き方改革をもっと手軽に、無駄な仕事を無くすIT製品11種
働き方改革の号砲が鳴って1年、労働時間は月1時間も下がっていない。だからこそ大上段に構えず、まず目の前をムダを減らしたい。手軽で効果が高いITサービスやソフトから示そう。…
2017/10/15
マイナビニュース
グーグルは「無料」のAndroidからどうやって収入を得ているのか
グーグルが提供するスマートフォンやタブレット向けのOS「Android」は、誰でも自由に利用できるオープンソースの形で提供されており、無償でスマートフォンに搭載することも可能だ。では一体、どうやってグーグルはAndroidで収入を得ているのだろうか。…
2017/10/16 08:00
DIGIDAY[日本版]
広告購入の「内製化」を拡大する、ペルノ・リカールの思惑:そして見えてきた利点
酒造メーカーのペルノ・リカールでは、メディアバイヤーの小さなチームが、DSPから、インベントリー(在庫)を直接購入している。そのようにして、オペレーションとまではいかないがDSPとの契約をコントロールし、ソフトウェアのマネージドサービスツールを利用するのだ。なぜ、このような動きに出ているのか、背景を探った。…
2017/10/16 10:00
CNET Japan
シェアリングエコノミー協会、「シェアリングシティ」推進パートナーを認定
シェアリングエコノミー協会は10月16日、シェアリングエコノミーを活用した地域の課題を解決する民間・団体を認定する「シェアリングシティ推進パートナー」認定制度を開始すると発表した。…
2017/10/10
ライフハッカー[日本版]
コミュニケーションツール「Slack」でCTOを務めるカル・ヘンダーソンさんの仕事術
敏腕クリエイターやビジネスパーソンに学ぶ仕事術「HOW I WORK」シリーズ。 今回は、IT業界を中心に大人気を誇るチームコミュニケーションツールSlackのCTO Cal Henderson (カル・ヘンダーソン)さんの仕事術です。Hendersonさんは、ビジネス向けメッセージング・プラットフォームの代表格であるSlackの共同創設者で現CTOです。Slackは、HendersonさんのチームがGlitchというオンラインゲームを開発しているときに、副産物として生み出されたもの。…
2017/10/12 15:50
注目
日経テクノロジーオンライン
ホンダが寄居をEVの旗艦工場に、電動化戦略の加速を図る
ホンダは2017年10月4日、埼玉県の狭山工場の機能を同県の寄居工場に集約すると発表した。2021年度をめどに集約を完了する見通し。寄居工場を電気自動車(EV)をはじめとする電動車両の世界的な旗艦工場と位置づける。欧州や中国など、排ガス規制を背景にEVの開発競争は過熱を極めている。“必ず来る”EVの時代に備え、ホンダは先端設備と技術者を寄居工場に集めて生き残りを図る考えだ。…
2017/10/11 12:30
EnterpriseZine
「何でなん?」の好奇心で自動車セキュリティ市場を作り上げたい―ホワイトモーション 蔵本雄一
 「自動車セキュリティ市場は非競争領域と言われる事が多く、まだITセキュリティのように、十分に市場形成されているとは言えません。だから、われわれの技術や知見は、多くの人に活用してほしい」――こう語るのは、自動車セキュリティ専業ベンダー「WHITE MOTION(ホワイトモーション)」でCEOを務める蔵本雄一だ。セキュリティの知識をブラックボックス化せずオープンにし、「公益性」と「公共性」を重視する。会社名“ホワイト”モーションにはそんな思いを込めた。CEOに就任して4カ月。「日々是発見」と笑う蔵本は、超絶多忙の今を楽しんでいる。…
2017/10/12
ITpro
iPad前提の仕事を追求、積水ハウスの働き方改革8年
積水ハウスはパソコン仕事を前提とした業務を見直し、全社員にiPadまたはiPhoneを配布。アプリは全て自社開発して「利用率100%」を達成。働き方改革を推進する。…